ニコニコミュニティ

ニコニコミュニティ

信濃町

オーナー ステハゲ
開設日 2019年03月01日
登録タグ
コミュニティの設定を表示 ▼
レベル
25
フォロワー
1325 (最大:2357人)

プレミアム会員があと8人でレベル26

コミュニティプロフィール

【Twitter】 https://twitter.com/sutehageyoutube

【配信アーカイブ】https://www.youtube.com/channel/UCA-uTCEnhRHRxjbhWAUys-g

【メールアドレス】sutehageniconico2@yahoo.co.jp

名前:ステハゲ(地元でのあだ名)
1995年6月25日生まれ 神奈川県川崎市出身 血液型A型

2011年 神奈川県立鶴見高校入学
2014年 大東文化大学 スポーツ・健康科学部 スポーツ科学科入学→3ヶ月で中退
2015年 Liverpool John Moores University Engineering,Computing and Life Sciences Foundation Year 入学→1日で中退
2016年 中央大学商学部会計学科入学

生い立ち
・誕生~幼稚園時代(1995年~2002年)
横浜市の病院で生まれる。地元の幼稚園に入園するも、帰宅後は他の児童とはあまり遊ばずいつも家でゲームばかりしているひきこもりだった。親がパソコンマニアだったため、5歳頃からインターネットに触れ始める。手探りでローマ字を覚え、幼稚園を卒園する頃にはそれなりにタイピングができるようになっていた。当時好きだったゲームはスーパーマリオ64。

・小学校時代(2002年~2008年)
近所の公立小学校に進学。幼稚園時代とは打って変わって放課後にはクラスメイトと公園で遊ぶ活発な少年になる。1年生の秋頃、家族の影響で地元の少年サッカーチームに入団。最初は楽しかったものの、4年生になってから練習が厳しくなり、ミスをするとコーチに怒られるようになったためこの頃からサッカーが嫌いになる。玉蹴りでのストレスを発散するかのようにますますインターネットの世界に没頭。BBS、おもしろフラッシュ、ハンゲーム等様々なコンテンツに熱中し、6年生になるかならないかくらいの時ニコニコ動画に出会う。画面上にコメントが流れる斬新なシステムに衝撃を受け、猿のようにハマる。放課後は毎日のように友達の家に集まりみんなでニコ動鑑賞会をするようになる。クッソ楽しかった。

・中学校時代(2008年~2011年)
近所の公立中学校に進学。中学ではサッカーをやめ卓球部に入りたかったが、少年サッカークラブ時代のチームメイトの誘いを断り切れずサッカー部に入部。小学校時代に比べればマシだったが、それでもサッカーは好きになれずネット中毒に拍車をかける。中1の夏、ニコニコ動画に初めて動画を投稿。ガチムチパンツレスリングと海外ドラマ「プリズンブレイク」のOPをかけ合わせただけのクソMADだった。その他にも何本かクソMADを制作し投稿していたが、現在は削除してしまい元データも消失してしまったため見ることはできない(PRISON BREAK AFTER STORYを除く)。中2から部活をサボるようになり、中3の春ついに退部。帰宅部になり解放されたステハゲは卒業までの間ニコニコに熱中し続けた。中2くらいからニコ生も見始める。当時よく見ていた生主はネトスマ配信者のぶちまけ祭り。サッカー部を退部してからは何のしがらみも無くなったためサッカーがまた好きになり始めた。

・高校時代(2011年~2014年)
横浜市にある何の面白味もない偏差値50台の公立校、神奈川県立鶴見高校(通称:県鶴)に前期試験(面接と内申書の成績だけで判定)で入学。1年の頃は多少友達もいたが、2年のクラス替えで完全消滅。高校での人付き合いは諦め、中学の友達とだけ遊ぶようになる。高2の春、何を思い立ったか中学の頃の友達を集め草サッカーチームを結成。自分が監督となり、週末は多摩川の土手に集まるようになる。グラウンドを借りて練習したり、ネットで対戦相手を見つけて試合をしたりなど割と本格的に活動していたが、ステハゲのやる気が急に無くなったため高3の春に突如解散宣言。わずか1年間の短期政権だった。草サッカーチームの監督が思いのほか面白かったため、将来はJリーグの監督になりたいと思うようになり(なれるわけないのだが)体育系の大学への進学を決める(なんとなく体育系の学部に進学すれば、スポーツ業界への就職の近道になると思っていたため)。いくつか受けたものの、ほとんど勉強していなかったため大東文化大学スポーツ・健康科学部スポーツ科学科にしか受からず、埼玉のド田舎での生活が確定する。ちなみに当時受験した大学は、一般入試で国士舘大学、順天堂大学、大東文化(この3つはいずれもスポーツ学部)、関東学院大学経済学部(センター利用)の4つだけだった。

・大東大時代(2014年4月~7月)
埼玉県東松山市、大学からスクールバスで約5分の家賃2万のボロアパートで一人暮らしを始める。大学にも関わらず小中高のようなクラス制が採用されており、30人程のクラスメイトと毎日顔を合わせて授業を受けなければならなかった。案の定、スポーツ学科特有の体育会系のノリについていけず入学早々孤立。実技の授業(器械運動)で学期末にハンドスプリングのテスト(合格しないと単位がこない)があったのだが、自分はマット運動がめちゃくちゃ苦手であり、仲良くもないクラスメイト達の前で技が出来なかった時のなんともいえない気まずい空気を想像したら発狂しそうになったため、授業に出なくなる。しかし器械運動の単位は必修であり、とらないと卒業できないため絶望の日々を送る。だが、どうしてもクラスメイトの前で恥をかくのは嫌だったため、ハンドスプリングのテストをサボり1年の前期が終了する。同時に器械運動の単位が来ないことを確信。2年生で再履修することもできたが、めんどくさかったし友達が一人もいない状況で4年間通い続けるのは耐えられないと判断し退学を決意。親に泣きながら電話し、海外の大学に入学しなおして高いレベルのスポーツ学を学びたいというその場しのぎの理由を用意し説得。翌年の9月から留学(欧米の大学は9月入学が多い)することを条件になんとか退学に成功する。ちなみにハンドスプリングができなかった人はレポートを書けば単位が来たらしいが、今となってはどうでもいいことである(そもそもクラスメイトの前でテストを受けるのが死んでも嫌だったから、どのみち授業に出るつもりはなかった)。

・ニート、リヴァプール・ジョンムーア大学時代(2014年8月~2016年3月)
神奈川の実家へ帰還。全く行く気はなかったが、約束は約束なので海外の大学に入学するために動き出す。Jリーグの監督になるという無謀な夢は諦めてなかったため、依然としてスポーツ関係の学部を目指していた。進学したい大学は大東大を中退する前から目星をつけていた、リヴァプール・ジョン・ムーア大学というサッカーを専門的に学ぶ学部のあるイギリスのFラン大学に決めた。留学生がイギリスの大学に入学することは非常に簡単で、IELTSというTOEICの難しい版みたいなテストを日本で受け、めちゃくちゃ緩い基準を突破すればいいだけだった。中退して数ヶ月後にIELTSを受け、初受験で入学基準を満たす。入学まで約1年ほど暇になってしまったので、適当にバイトしながら半ニート生活を送る。留学の時期が近づくにつれて、もともと行く気は無かったのだがガチで行きたくなくなってくる。ほんとに行きたくなかったため入学数ヵ月前に一度、やっぱり留学をやめていいかと親に相談したことがあったのだが、ブチギレられたので諦めて覚悟を決めた。2015年9月20日、羽田空港からフットボールの地へ飛び立つ。翌日21日、イギリスのヒースロー空港へ到着。飛行機の窓から見えるロンドンの街並みを見た瞬間、泣きそうになりホームシックになる。ロンドンから高速バスでリヴァプールに移動し、大学の寮で生活を始めた。授業の開始は10日後で、それまでは留学生向けのオリエンテーション等を受講するスケジュールだった。迎えた授業開始日、学校から帰ってきた瞬間退学を決意。ホームシックの限界が理由だった。親にスカイプで電話をかけ、お得意の泣き落としで説得に成功。秒速で飛行機と高速バスのチケットをとり(寮の部屋からネット予約)、すぐに荷物をまとめその日深夜に物音一つ立てず寮をあとにした。そして2015年10月1日、日本へ帰国。わずか10日間の海外留学だった。その後、親に今後どうするのか問われ、3ヶ月でMARCHに合格することを約束し3度目の大学進学を目指す。無事中央大学商学部へ合格し、今に至る(疲れたのでここで執筆をやめるど~)
続きを読む

運営からのお知らせ

生放送のお知らせ

最近行われた生放送

  • 2019年04月14日 07:14 怖い話 放送者:ステハゲサブ

予約スケジュール

  • 生放送の予約はありません
生放送履歴を見る

コミュニティ動画

{{videoList.total}}件 / {{videoList.max}}件
  • 読み込み中...
  • コミュニティ動画の読み込みに失敗しました。
  • クローズコミュニティの動画はフォローしないと見れません。
  • コミュニティ動画はありません。

コミュニティ動画の確認・編集

コミュニティフォロワー

1325人
コミュニティフォロワーの確認

ブログパーツ

ブログパーツ iframe

ブログパーツ リンク

ブログパーツ 生放送をお知らせ