ニコニコミュニティ

ニコニコミュニティ

猫助の集会所(ΦωΦ)

オーナー 猫助
開設日 2019年08月02日
登録タグ
コミュニティの設定を表示 ▼
レベル
10
フォロワー
81 (最大:153人)

プレミアム会員があと2人でレベル11

コミュニティプロフィール

モンスターハンターワールド:アイスボーン
MHW:IB/モンハン:IB/MONSTERHUNTERWORLD:ICEBORNE
フリークエスト周回や任務クエスト
グランドセフトオートⅤ
GTA5/GTAO/GTAオンライン/GrandTheftAutoⅤグラセフオンライン
ジョブ回しや強盗など
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS
PUBG/パブジー
ストリートファイターⅤアーケードエディション
スト5AE/SF5AE/STREETFIGHTERⅤ
ウルトラストリートファイターⅣ
ウル4/USF4/ULTRASTREETFIGHTERⅣ
バイオハザード7/ResidetEvil7
BIOHAZARD5/バイオ5/マーセナリーズ
ストーリーのRTA/Any%/SpeedRun
BIOHAZARD6/ResidentEvil6/Mercenaries
ドラゴンズクラウン・プロ/Dragon'sCrownPro/ドラプロ
ドラゴンズドグマオンライン/DDON
ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて
DQ11/ドラクエⅪ
クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!
クラッシュバンディクーレーシングリメイク・リマスター版/CTR
クラッシュ・バンディクーブッとび3段もり!
クラバン1.2.3リメイク版
いただきストリート
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー30thANNIVERSARY/いたスト
アーケードアーカイブススターフォース
バトルフィールドハードライン/BFH/BATTLEFIELDHARDLINE
ニード・フォー・スピード/nEEDFORSPEED
バットマン:アーカム・ナイト/BATMAN ARKHAMKNIGHT
その他
PsychoBreak/WarThunder/World of Tanks/Warframe/みんなでスペランカーZ/ガンダムバトルオペレーションNext/Fortnite(フォートナイト)/Beyound:TwoSouls/龍が如く極/Destiny2/真・三國無双Online/鬼斬(おにぎり)/ドラゴンクエストⅩ/スーパータイムフォースULTRA/カラオケ@DAM/ぎゃるガンヴォルト/Weapons of Mythology~NES AGE~/TableTopRacing:WorldTour/Skulls of the Shogun/魔女と百騎兵Revival/WinningEleven2016 myClub/Ride/NBA 2K16/NomNomGalaxy/Lumo/MouseCraft/EARTHWARS/HELLDIVERS/DEADORALIVE5LastRound/BIOHAZARDUNMBRELLACORPS/Broforce/AirMechArena
ナルティメットストームジェネレーション
バイオハザード5オルタナティブエディション
スーパーストリートファイター4アーケードエディション
スパ4AE/格闘ゲーム/格ゲー
ウルトラマンファイティングエボリューション2
グランドセフトオートリバティシティストーリーズ
NARUTO うずまき忍伝
ナルティメットヒーロー2
名探偵コナン トリックトリック
マジカルホッパー
スピンテイル
インディ500
クラッシュ・バンディクー2コルテックスの逆襲
クラッシュ・バンディクー3ブッとび世界一周
クラッシュ・バンディクーカーニバル
ストリートファイターリアルバトルオンフィルム
TeamFortress2/TF2
遊戯王デュエルリンクス
パズル&ドラゴンズ/パズドラ
ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト/DQMSL
Left4Dead2/L4D2
カウンターストライクグローバルオフェンシブ/CS:GO

『モンスターハンター:ワールド』(Monster Hunter: World)は、カプコンより2018年1月26日に発売されたゲームソフト。モンスターハンターシリーズの最新作。略称は『モンハンワールド』[5][6]、『MHW』。日本を含むアジアではPlayStation 4(Pro対応)、Microsoft Windows(Steamにて配信)で発売され、北米、欧州ではそれらに加えてXbox One(Xbox One X対応)でも発売される。世界出荷本数は、2019年6月30日時点で1310万本であり、シリーズとしても、カプコンのゲームタイトルとしても最高記録を更新した[3]。2019年9月6日には、大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』が発売され、2019年9月13日時点の世界出荷本数は250万本を突破した[4]。 モンスターハンター:ワールド Monster Hunter: World ジャンル ハンティングアクション 対応機種 PlayStation 4(Pro対応) Xbox One[注 1](One X対応) Microsoft Windows(Steam配信) 開発元 カプコン 発売元 カプコン プロデューサー 辻本良三 ディレクター 徳田優也 シリーズ モンスターハンターシリーズ 人数 [オフライン]1人 [オンライン]最大4人 メディア BD-ROM ダウンロード販売 発売日 [PS4・Xbox One] 2018年1月26日 [Win] 2018年8月8日(中華人民共和国の旗)・9日(アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗)・10日(日本の旗) 対象年齢 CERO:C(15才以上対象) ESRB:T(13歳以上) USK:12(12歳未満提供禁止) PEGI:16 ACB:M コンテンツ アイコン 暴力[1] デバイス ヘッドセット対応 USBキーボード対応 エンジン ワールドエンジン 売上本数 全バージョン: 日本の旗290万本(2018年9月時点の出荷数とDL版[2]) 世界1310万本(2019年6月30日時点の出荷数とDL版[3]) アイスボーン: 世界250万本(2019年9月13日時点の出荷数とDL版[4])

ニコニコ動画は日本の代表的な動画共有サイトの1つであり、多くの用語や文化を生み出している。 ニコニコ動画の特徴は、配信される動画の再生時間軸上に対しユーザーがコメントを投稿できる独自のコメント機能であり、その他にもユーザーやアップロード者同士が交流できる機能を数多く備えている。日本文化の発信地の1つとして世界からも注目を集めており、中国でも模倣サービスであるBilibiliがリリースされるに至っている。 ニコニコ動画の基本理念は、2007年6月1日にニコニコ普及委員会が発表し、2010年6月1日に改定した「ニコニコ宣言(9)」において明らかにされている[5][注 1]。 2006年12月12日に実験サービスとしてプレオープンしサービスが開始、2007年1月15日にβバージョンに移行するとともに、初めて運営元がニワンゴであることが明かされた。実質的な開発や運営はドワンゴが行っていた。 2007年度グッドデザイン賞受賞。日本オタク大賞2007オタク大賞受賞。2008年にはアルス・エレクトロニカよりプリ・アルス・エレクトロニカ・デジタルコミュニティ部門栄誉賞を授与されている[7][8]。 名称の由来 編集 「ニコニコ動画」という名称は、サービスの立ち上げ以前には動画サービスは著作権問題による訴訟が発生していたことから「カッコいい言葉ではなく、なるべく怒られにくい言いにくい気が抜ける名前」にすることが考えられ、当時ドワンゴ会長の川上量生の「明らかにブラックぽいのに、表面だけ取り繕ったようなふざけた名前があるじゃん。ニコニコローンとかニコニコ金融とか。だからニコニコ動画とかさ」という言葉に、西村博之が「それおもしろい! 絶対それ!」と同意したことから決定したという[9]。 ビジネスモデル 編集 niconicoの収益の大部分は、2007年6月入会スタートし7月に課金がスタートしたプレミアム会員収入である(2018年3月期では、ポータル事業の売上の78%がプレミアム会員収入[10])。そのほか、2007年7月にスタートしたウェブサイト上のバナーや動画上に表示される広告収入、動画に関連する商品を貼り付けて購入ができる「ニコニコ市場」からのアフィリエイト広告収入、2008年10月15日にスタートした「ニコニコポイント」からのポイント収入、ニコニコチャンネルの月額有料会員収入がある[11][12]。 サービス開始初年度である2007年9月期(2006年10月から2007年9月末)のポータル事業は売上196百万円で営業損失は671百万円だった[13]。 その後、プレミアム会員と呼ばれる有料会員の獲得や、広告の募集に注力した結果、2009年12月には単月での黒字化を達成した。2010年5月13日の決算発表会で取締役の夏野剛は、2010年1-3月期に初めて黒字化を達成したと発表した[14]。夏野は、「ユーザー投稿型の動画サービスで黒字化というのは、世界でも聞いたことがない。世界初に近いのではと考えている」と語っている[15]。ちなみに初の通期黒字化を達成した2010年9月期(2009年10月から2010年9月末)のポータル事業は売上6335百万円で営業利益は23百万円だった[16]。2018年3月通期、ポータル事業はふたたび赤字となった。niconicoの運営会社を統括するカドカワは、プレミアム会員数に依存しない収益要素の強化を目指している。 利用者数 編集 一般会員登録者数が約5000万人(2015年8月現在[17])、モバイル会員は623万人(2011年3月31日現在)、プレミアム会員数は約194万人(2018年9月現在)、有料チャンネル総登録者数が70万人(2018年6月現在[18])。ただし、アカウントは登録するメールアドレスごとに発行されるため、登録メールアドレスを変えれば1人で一般会員用アカウントを複数持つことが可能である。また、アカウントごとに会員費を払えば、プレミアム会員用アカウントを複数持つことも可能であり、複数アカウント所持への制限はない。 サービス開始から1年に満たない2007年11月の時点で、すでに日本全体のトラフィックの約12分の1を占めていた[19]といわれており、その急成長ぶりが窺える。 この急成長に対応するため、ユーザー登録制を導入した当初は、負荷対策のためにサイトに常時アクセスできるユーザー数をID番号によって制限し、サーバ増強に応じて少しずつその制限を緩和してきた。土日祝日のアクセス増などによる負荷対策など、場合によっては一時的に常時アクセス可能なID数を減らす対策がとられることもあった(規制中でも、ニワニュース読者限定で配布された特別なIDを持つ5000名に関しては、常時アクセスが可能となっていた)。現在では、全てのIDで常時ログイン・動画の視聴ができる。 しかし、一方では音楽・映像といったマルチメディアを共有するサイトの性質上、サーバーへの負担は尋常ではないことにより、時間帯によっては、動画の検索や閲覧はおろか、サイト内の移動すら困難な状態になってしまう障害が多発する時期もあった。サイトの増強が追いつかなかった原因は「赤字続きによる資金的な問題」という憶測もあったが、2009年4月の公式コラム[20]によると、当時はデータセンターのサーバ設置スペースに限界があり、足りなかったことが原因としている。 2008年7月までに台湾(中国語)・スペイン語・ドイツ語版が公開された一方で、英語版は長らく公開されることがなかった。これは、トラフィックの急増を懸念してのものだったが[21]、2011年4月17日から英語版の「Niconico β」が正式に稼働した。別サイトとして展開されていた台湾版、英語版は2012年10月19日時点で日本版と同一サイトに統一され、すべてのページで日本、台湾、アメリカ合衆国の視聴地域、言語の切り替えに対応している。 株式会社ジャストシステムの2017年4月の月次定点調査結果によると、10代が現在利用しているSNSサービスについて「LINE」が88%と一番多く、2番目が「YouTube」で81%となっており「ニコニコ動画」は20.0%で8番目である[22]。 2018年9月8日のビジネスコラムでは、2017年度の1年間で36万人のプレミアム会員の減少が見られている。その要因としてメジャー化が挙げられており、ニッチなサブカルチャー寄りであるために他動画メディアとの区別があった。しかし、メジャー化による運営供給とユーザー需要のすれ違いが大きくなったのが一因であるとし、共通した趣味や嗜好のコミュニケーションの場として原点回帰すべきではないかと指摘している[23]。 2019年2月13日の発表によると、ニコニコチャンネルの月額有料会員数が911,759人(2018年12月現在)となっており5年で約6.5倍に増加していることが公表された。また、開設からの累計収益は5年で約30倍の総額125億1100万円となっており、プレミアム会員登録者数による収益だけに依存していない背景もある[24]。
プレミアム会員数の推移 編集 導入 - 2007年6月18日 10万人 - 2007年9月 - 10月 20万人 - 2008年5月24日 30万人 - 2009年3月16日 40万人 - 2009年7月25日 50万人 - 2009年9月19日 60万人 - 2009年12月12日 70万人 - 2010年3月5日 80万人 - 2010年5月14日 90万人 - 2010年8月3日 100万人 - 2010年10月13日 110万人 - 2011年1月 120万人 - 2011年4月 130万人 - 2011年7月12日 150万人 - 2012年1月3日 170万人 - 2012年7月 200万人 - 2013年6月22日 223万人 - 2014年3月 236万人 - 2014年9月 253万人 - 2015年9月 254万人 - 2015年12月 256万人 - 2016年3月 256万人 - 2016年6月 256万人 - 2016年9月 252万人 - 2016年12月 243万人 - 2017年3月 236万人 - 2017年6月 228万人 - 2017年9月[25] 214万人 - 2017年12月[26] 207万人 - 2018年3月[27] 200万人 - 2018年6月[28] 194万人 - 2018年9月[29] 188万人 -2018年12月[30] 180万人 -2019年3月 175万人 -2019年6月
乳房がどの程度大きく膨らんで(成長して)いれば巨乳と感じるかは、この言葉の使用者の主観に大きく左右される。しかし、どの程度大きければ巨乳と感じるか統計的に調べることは可能である。マイナビウーマンの調べでは男女ともDカップ以上から巨乳だと思う人が多い[2]。同じく、マイナビウーマンの調べで巨乳だと感じるブラジャーのカップはEカップ以上と答えた人が多かった[3]。 下着メーカーの行った調査では乳房の大きな女性が増えてきているという。例えばトリンプ・インターナショナル・ジャパンの調査では、1980年ではAカップが60%程、Dカップ以上は4.5%であった。しかし、2004年では30%近くがDカップ以上、2011年では41.5%がDカップ以上(Eカップ以上は約20%)だという。以前は、バストが大きいのは恥ずかしい、隠したいという傾向もあったが最近は意識が変わり、大きめのカップを選ぶ女性も増えているという[4]。 類語として、一般女性と比べ極端に膨らんだ(成長した)バストを爆乳(ばくにゅう)や超乳(ちょうにゅう)や魔乳(まにゅう)などがある。また、形の美しいバストを美乳(びにゅう)、あまり膨らんでいない(あまり成長していない)バストを貧乳(ひんにゅう)や微乳(びにゅう)や無乳(むにゅう、ないちち)と呼ぶ場合がある。極乳という表現もAVなどで使われたが、あまり定着していない。 女性タレントやグラビアアイドルの巨乳を形容するのに、スイカップ(古瀬絵理)などといった語が用いられることもある。ちなみに、スイカにあたる英語watermelonは、俗語で爆乳のことである。 ※日本人の女性の平均カップサイズはトリンプ調査によると以下のように推移している[4]。ただし、カップサイズは不変の客観基準とは言えない部分がある。2000年代頃からのもの程、かつてより大きめに表記されている傾向があったり、同時代で同じカップサイズでもメーカーによってカップ容量が違ったりする場合がある。したがって、たとえば30%という数値が本当に30%なのかという点については、絶対に30%であるとは言えない部分がある。それでも全体の傾向を把握する参考にはなる。なお、海外でもカップサイズの調査が行われているが、日本のDカップと海外のDカップはカップ容量が違う場合が多い。特にイギリスとアメリカのブラジャーサイズについては計算方式も異なっている。イギリスやアメリカのブラジャーのDカップは、日本ではEカップに相当する
続きを読む

運営からのお知らせ

生放送のお知らせ

最近行われた生放送

予約スケジュール

  • 生放送の予約はありません
生放送履歴を見る

コミュニティ動画

{{videoList.total}}件 / {{videoList.max}}件
  • 読み込み中...
  • コミュニティ動画の読み込みに失敗しました。
  • クローズコミュニティの動画はフォローしないと見れません。
  • コミュニティ動画はありません。

コミュニティ動画の確認・編集
オーナーのブロマガ

猫耳日記

まだ記事が書かれていません

コミュニティフォロワー

81人
コミュニティフォロワーの確認

ブログパーツ

ブログパーツ iframe

ブログパーツ リンク

ブログパーツ 生放送をお知らせ