ニコニコミュニティ

全PC-6601が歌うタイニーゼビウス

オーナー meg
開設日 2008年09月13日
登録タグ
コミュニティの設定を表示 ▼
レベル
8
フォロワー
31 (最大:186人)

プレミアム会員があと4人でレベル9

LIVE

{{live.basic.title}}

視聴する

コミュニティプロフィール

1983年、
そのパーソナルコンピュータはNEC日本電気より発売された。
定価は143,000円であり、大卒男子初任給の約13万円を 一割ほど上回るものであった。
ファミリーコンピュータが発売し、東京ディズニーランドが開園する中で、
このパーソナルコンピュータは触れる人皆に無限の可能性を感じさせた。

最大の特徴として、内蔵の音声合成により日本語を発声できた。
しかもBASICからコマンドで簡単に発声内容を作ることが可能であり、
2オクターブの音階を加えて歌うという画期的機能を持っていた。

その、パーソナルコンピュータの名は「PC-6601」。

翌年の、
1984年、
そのシューティングゲームはマイコンソフト電波新聞社より発売された。
ナムコ社のアーケードゲーム「ゼビウス」をパーソナルコンピュータに
移植したものであったが、そのハード的制約と表現機能の限界から、
「タイニー」の名前が冠された。
オリジナルとのさまざまな相違点はあるが、マイコンゲームが好きな人々は
そのシューティングゲームに歓喜と賞賛の声をあげた。
このソフトを作ったのは、当時中学生だった松島徹。

その、シューティングゲームの名は「タイニーゼビウス」。

時代は流れ、
2003年、
その一見変わったソフトウェアは、人々の古い記憶を呼び覚ました。
「音声合成」、かつて「マシンボイス」とも形容されたそれは、
より自然な声として我々の前に姿を現すこととなった。

LEON、LOLA、MIRIAM、MEIKO、KAITO、
そして初音ミク。現在も彼らと彼らの姉妹達の歌声が、ネット上を
駆け巡っている。

その、音声合成エンジンシステムの名は「VOCALOID」。

2005年、
20年以上経った同じ場所に、ナムコ社はアイドルが歌う
シミュレーションゲームを設置した。
アイドルである彼女たちは、歌い、踊り、話し、そして微笑んだ。

彼女たちは、家庭用ゲームとしてリメイクされると、
ナムコ社が予想した以上の反響を二十年前と同じく引き起こした。

その、シミュレーションゲームの名は「アイドルマスター」。
続きを読む

運営からのお知らせ

生放送のお知らせ

  • 読み込み中...
  • 生放送情報が取得できませんでした。

最近行われた生放送

  • 最近の生放送一覧はありません。

予約スケジュール

  • 生放送の予約はありません
生放送一覧を見る

コミュニティ動画

{{videoList.total}}件 / {{videoList.max}}件
  • 読み込み中...
  • コミュニティ動画の読み込みに失敗しました。
  • クローズコミュニティの動画はフォローしないと見れません。
  • コミュニティ動画はありません。

コミュニティ動画の確認・編集

コミュニティフォロワー

31人
コミュニティフォロワーの確認

ブログパーツ

ブログパーツ iframe

ブログパーツ リンク

ブログパーツ 生放送をお知らせ