ニコニコミュニティ

コミュニティ検索

  • レベル
    3
    フォロワー
    16
    動画
    3
    **機動戦士2525小隊**
    2010年03月02日 02:19 更新
    ガンダムモノマネ放送☆リスナーさんでも隊員でも自由に入会♪ 曹長・アムロ→りょぼー 大佐・シャア→アルタイル 摂政・ハマーン→みさおガチホモ・阿部→桃たろ アフレコ動画もやってます! これからどんどん活動していきます。よろしくおねがいします~!
  • レベル
    16
    フォロワー
    113
    動画
    0
    フライング摂政ポセイドン
    2021年02月11日 23:54 更新
    ドーモ。ミナ=サン。 フォースです。m(__)m まったりとゲーム配信しております リアル都合で放送頻度は少ない上にgdgd感満載ですが頑張ります!w
  • レベル
    11
    フォロワー
    67
    動画
    0
    ライトノベルを書いてみよう!
    2012年10月31日 14:38 更新
    ラノベを読むコミュ又は書くかも? ここからは自分で考えた俗説です。 公式の情報を元にしていますが、現在の私が見た公式情報の中では否定する事も出来ない俗説です。(正しいと言う事では無い) ミネバ・ザビの資産 ~隠されたミネバ・サビの野望~ 0080年にザビ家はミネバのみとなる。 0080~0083 ・ジオニック社がアナハイム・エレクトロニクス社に吸収合併される。 ・ツインマッド社も一部が吸収 ・MIP社はアナハイムの子会社化 0083年にアクシズがガンダニウムγを開発する。 アナハイムと裏取引を行う。 内容は不明だがこの後にγは連邦のティターンズとエゥーゴの両方が使用する。 ・さらに同年にはデラーズ・フリートが発生する。 ・デラーズは何故か連邦の新型ガンダムの開発状況を正確に知っていた。 ・シーマ・ガラハウもアナハイムに強い繋がりがあった。 ・テロリストのはずのアクシズが先遣艦隊を派遣する。連邦はこれを目の前で見ていても容認している。 0083~0088 ・エゥーゴがブレックスとシャア(アクシズから派遣された)によって設立される。 ・同組織はアナハイムの強い支援を受けている。 ・リックディアスはジオンの技術力に加えてγ合金が使用されている。 ・エゥーゴがアクシズに接触時に御苦労であったとミネバにクワトロが感謝されている。 しかも、ミネバはシャアに笑顔を見せて全幅の信頼を示している。 ・Z終了後、ZZになるがこの短い間にミネバは替え玉に変えられる。 一般的にシャアが連れ出した事になっているが容易に出来た理由は不明 しかも、ハマーンはそれを知っていて慌てる事も無く無視している。 ZZ時代 ・ハマーンがグレミーと地球降下作戦時にザビ家の血縁について話しているが… 不思議なのは自分も血縁者であるかに聞こえるような言い方をしている。 ちなみにハマーンの姉はドズル(ミネバ父)の妾であるが…子供を生んだという話は公式設定には存在しない。 ・連邦首都であるダカールが占領される。しかし、防衛戦をした形跡は無く。 容易に落ちている、ZZでは具体的説明は無いが連邦内部にアクシズ支持派がいるらしい。 ・公式設定ではダブリンへのコロニー落としで連邦はアクシズに屈した事になっているが ZZではコロニーが落ちる前に連邦はアクシズと和平する事を決めていた事を暴露している。 つまり、連邦が和平に応じる口実の提供の為にわざわざアクシズはコロニーを落とした事になる。 エゥーゴはその後、ガンダムチームの解散を突然決める。 理由は少年兵を戦わせるのは良くないからだと言っているが… 矛盾している…それならば最初からそうするべきであった。チャンスは幾らでもあったのである。例えばアクシズ潜入前のラビアンローズに着いたときである。 ファースト、Zにも言える事だが少年兵が戦っていても容認してきた連邦が今になって人道的な考えに目覚めたはずは無い。 だとしたら真の狙いは何であろうか? 大切な事はアクシズ潜入前はジュドーはハマーンと会っていない。それとガンダムチームの大半は戦闘経験も実績も無い素人であった。 しかし、この時は既にガンダムチームは単独でも敵の主力と互角以上に戦える戦闘経験と実績を手に入れている事である。 事実、これ以降はブライト抜きで艦長も少年で運営されてもガンダムチームは単独でアクシズと戦い続けている。 しかも、連邦は和平を結んで戦いはしていない。エゥーゴも消極的でガンダムチーム以外は事実上戦っていないのである。 ・タイガーバウムという話があるのだが… ・まず最初にハマーン達は隠密行動中のガンダムチームの位置を正確に知っていた。 それだけでは無く、ハマーンは向かう場所も知っていたかのような言動がこの話では目立っている。 ・この話の中でサラサ達が諸悪の根源はハマーンだが屈折しているだけで正せば正義になると言っている。これは実はもの凄くおかしな話である。 なぜなら、ハマーンは何をしているから諸悪なのか?という疑問である。 ダブリンのコロニー落としの事を言っているのであろうか? しかし、アニメでは終始ナレーションでも連邦の上層部がダブリンを見捨てたからだと非難しており、ハマーン一人だけの責任だと断ずるには無理がある。 では、なんであろうか?  ・グレミー反乱時にその報告を聞いてハマーンは「私がこの時を予想していないとでも思っていたか?」という発言をするのであるが…確かに予想していたのは事実であるが…それにしては準備がいささか弱い気が知ってならない。事実として相手はクィン・マンサ・ドーベン・ウルフ・量産型キュベレイなどを潤沢に配備していてハマーンの方が戦力的に不十分である。 だがしかし、ハマーンは焦るどころかジュドーを口説いたり、側近が死んでも悔しむ事も無く決戦を行っている。 決戦でも指揮をキャラ・スーンに任せていたり、ジュドーとの戦いに集中したりと終始戦況には無関心である。 装っていると言う方が確実かも知れない。Z時に比べてハマーンは余りに冷静すぎる。 そして、ジュドーとの戦いに敗れたからと言ってハマーンにしては潔すぎるほど簡単に死んでいる。 この間にグレミーは死んでおり、事実上ハマーンの勝利である。 0093年、逆襲のシャア ・アナハイムの支援を受けてシャアが突然決起する。 ・ミネバはどこにいるのか? その答えはシャアの本拠地スウィード・ウォーターである。 ミネバはシャアと行動を共にしているのである。しかし、シャアはミネバを表には出していない。 ・初撃の星落としは連邦軍本部ラサである。 0096、ガンダムUC ・何故かミネバはビスト財団の裏情報を知っていた。 ただし、この作品は外伝なので繋がりがあるか不明である。しかし、あえて言うのであればミネバの立場は連邦よりである。 祖国ジオンは連邦に吸収されるにもミネバは冷静である。 その後の世界 宇宙世紀0217年、連邦政府は度重なる紛争を鎮圧するため、ついにコロニーの武力制圧という強硬策を開始する。その動きにコロニー側は激しく反発し、全面戦争となる。宇宙世紀0218年時点で統治機構としての連邦政府は事実上崩壊し、これを機にコロニー(植民地)という名称がセツルメントと改められる。連邦政府とコロニー側は宇宙世紀0222年に和解するが、これによって連邦政府の権威は完全に失墜、コロニーの独立を認めざるを得なくなる。 しかし、旧連邦政府派は地球寄りのサイド2、サイド3、サイド5、サイド7を糾合してセツルメント国家議会を形成する。月面都市、サイド1、サイド4はそれに対抗してセツルメント自由同盟を結成。地球圏は2大組織の対立する場となる。なお、サイド6及び建設中だったサイド・ガイア(サイド8)は独立・中立を保った。 (ガンダぺディアより) これを見て疑問が浮かぶ、サイド3は連邦寄りである。 独立戦争を仕掛け、スペースノイドの中心のはずなのだが立場が完全に逆転している。 この事実を見たときミネバの真意が分かるのではないだろうか? 最後のミネバの財産について ザビ家唯一の後継者なのでデギン・ギレン・ドズル・キシリア・ガルマ・ゼナの財産を一手に相続している。 ジオニック社などの株式も含まれていると考えるのが普通だと思う。 理由としてジオニック社とうはザビ家の支配下にあった為である。 当然この株はミネバに相続されている、そして三社はアナハイムに吸収合併されており、 これは株式交換が行われたと考えたほうが良さそうである。 0100年まではジオン共和国は存続しているのでザビ家の財産と株式は守られている。 だからこそ、アナハイムはデラーズ・フリートを支援したのではないだろうか? デラーズ・フリートもザビ家の財産を奪った相手とは取引をしないはずである。 アクシズもその後、アナハイムとは終始蜜月関係である。 これであれば連邦やエゥーゴがアクシズとの全面戦争を避けた理由が説明できるのではと思う。 逆襲のシャア時にもアナハイムは支援している。 ミネバはシャアにとってはスポンサーだったのではないだろうか? UCにおいてもフル・フロンタルはアナハイムが送った人間であるにも関わらず、ジオン残党は彼に従っている。 つまり、ミネバは宇宙でも屈指の資産家の可能性が高い連邦のジオン共和国の併合も連邦が既にザビ家に支配されているからこそ実現したのではないだろうか? だとすれば後のサイド3の行動も理解できる気がするのである。 ラプラスの箱は比喩表現で連邦の裏情報ではないだろうか? もしくは一連の事件の真相でありミネバはそれを処分する為に行動しているのかもしれない…  ハマーンの行動もジオン復興をしなくてもザビ家の支配が確立する目処が立った事で逆にジオン残党はザビ家の敵になったので排除しようとしていたのではないだろう? グレミーが死んで合い討ちになった事でハマーンは目的を達成した為に私闘に専念したのかもしれない… シャアであるがミネバがロリだった事も大きいがザビ家の復讐を果たしたが罪悪感は拭えずミネバを育てる事で罪滅ぼしだったのかもしれない、それとハマーンとの密約があった可能性が大きいのではないだろう?  最後にミネバの血縁だが…実はハマーンの姉の可能性もあるのではいだろうか? そうすればハマーンが摂政(通常、摂政は血縁者が成るものである)になったのもうなづける。