ニコニコミュニティ

ニコニコミュニティ

ベストプレープロ野球 遥かなるドラフトリーグ専用コミュニティ

オーナー Blue_Tasu
開設日 2010年05月07日
登録タグ
コミュニティの設定を表示 ▼
レベル
16
フォロワー
131 (最大:557人)
獲得した生放送特権を表示 ▼

プレミアム会員があと9人でレベル17

コミュニティプロフィール


 ベストプレープロ野球00を使って ドラフトリーグを遊ぶコミュニティです
 野球好きな人、集まれ~!

 過去大会の専用wikiページ:http://www35.atwiki.jp/bestplay/pages/1.html

―――――――――――――――――――――――――――――――――
・第5回ベスプレ企画案
流れ
 1.参加者6名募集
 2.10年ドラフト開始
 3.オープン戦用オーダー提出
 4.オープン戦
 5.公式戦用オーダー提出
 6.公式戦開始。半年ごとにオーダー提出
 7.ペナント終了後、選手の成長&怪我判定
 8.新人ドラフト&外国人選手獲得調査
 9.引退選手提出
 10.3番に戻り、以後25年繰り返し
 11.26年目から新人ドラフト廃止。外国人枠拡大
 12.30年終了時点で通算勝利数が一番多い人が勝利

 詳しくは下記に記載します

―――――――――――――――――――――――――――――――――

・参加条件
 ゲームソフトは必要ない!必要ない!
 野球が好きな人
 スカイプ通話できて、データの送受信が可能な方
 基本毎日21時にログインできる方
 無理な日や遅れるときは事前連絡できる方 
 物事を投げ出さない方(数試合旅行や諸事情で数日インできないなどはいいのですが、何十日も続くのは 勘弁してください)

 上記の条件をクリアできる方、宜しくお願い致します

―――――――――――――――――――――――――――――――――

 今回の企画ではアリスツールを使用しています

・アリスツールとは?
 ペナントを複数年継続していくための選手成長処理ツールのことです
 選手は年齢を重ね、能力が変化していき、怪我をしたりすることもあります
 その処理を行うのがアリスツールとなります
 アリスツール独特の設定として、選手には以下のように素質が設定されています

 Sp スピード 主に、足の速さや球速の速さなどに関係するようです
 Pw パワー 主に長打力や球質などに関係するようです
 Se センス 主に守備力や眼、投球術、切れ、制球などに関係するようです
 Ph フィジカル 主にスタミナ、怪我判定などに関係するようです
 Me メンタル 怪我からの復帰などに関係があるようです

 素質はそれぞれ複合的に作用しているようですが、ランダムの要素が多分に影響していると見られます
 見られます、というのは、昔のツールのためヘルプページが閉鎖されているためです

 また、アリスツールによって、新人選手、外国人選手を生成しています
 これにより毎年新人獲得ドラフトや外国人獲得を行えます

―――――――――――――――――――――――――――――――――

・細部情報

1.参加者6名募集
 上記の項目を守れる人を6名募集します

2.10年ドラフト開始
 9年前から初年度まで、10年分のドラフトを行い選手を獲得してもらいます
 1位指名は重複抽選を行い、以降はウェーバー方式を採用します

 選手は野手32名、投手24名まで保有できます
 この10年ドラフトでは1年につき4名の選手を獲得してもらいます
 なお選手生成や成長などはアリスツールを使用しています
 アリスツールについては上記を参照して下さい

3.オープン戦用オーダー提出
 公式戦前に30試合のオープン戦を行います
 選手の成長や衰え、新戦力のテストなどを試してください
 オーダーの詳しい提出方法は下記を参照して下さい

4.オープン戦
 30試合を行います
 1軍と2軍でそれぞれ試せるので、色々とオーダーを工夫してみて下さい

5.公式戦用オーダー提出
 オーダー提出方法はオープン戦時と変わりません

6.公式戦開始。半年ごとにオーダー提出
 前半戦終了後、オーダー変更を行えます
 前半終了時の選手の成績をテキストデータで配布します
 それを参照しての1軍と2軍入れ替えと、投手の順番変更、監督思考の変更のみが可能です

7.ペナント終了後、選手の成長&怪我判定
 6球団ですので日本シリーズなどはありません
 ペナント終了後、選手の成績を配布します
 その間にアリスツールによる処理を行い、来シーズンの怪我選手の公表を行います

8.新人ドラフト&外国人選手獲得調査
 野手16名、投手12名がリストアップされます
 1位指名は重複抽選を行い、以後はその年度の順位でウェーバー方式で獲得していきます
 獲得する選手の上限はありません

 その後、個々に外国人調査を行い、リストアップされた選手を獲得するか否かを選べます
 外国人選手は野手1名、投手1名を保有することが出来ます

9.引退選手提出
 野手32名、投手24名の保有枠に選手が納まりきらなかった場合のみ、引退してもらう選手を選びます
 引退した選手は抹消され、復帰することはできませんのでご注意下さい

10.3番に戻り、以後25年繰り返し

11.26年目から新人ドラフト廃止。外国人枠拡大
 残り年数が少ないので新人ドラフトを廃止し、外国人保有枠を野手2名、投手2名にまで拡大します
 それに伴い調査回数を2回から4回になります

12.30年終了時点で通算勝利数が一番多い人が勝利
 ただし1位と2位が逆転不可能な勝利数に達した時点で終了します

―――――――――――――――――――――――――――――――――

・オーダー提出方法
 チーム名、略称、記号、ホーム球場、ユニフォーム、球団マーク
 それらに加え、オーダーの設定と、監督の思考を設定してもらいます
 ホーム球場、ユニフォーム、球団マークはデフォルトデータなどから選んでください
 オリジナルのものを使用したい場合は、そのデータを送ってください
 上記の設定を1軍と2軍、それぞれ設定すれば完了です

 今回のオーダー設定は、采配の大半をCOMが揮うことになります
 野手の場合打順や守備位置など、詳細に設定しても反映してくれません
 ただし最初の2,3試合は反映してくれるようなので、疎かにすることはできませんが
 ある程度適当に1,2軍を振り分けるだけでもOKです

 1軍は各ポジションの選手が最低人数揃っていることは確認してください
 怪我の影響などでポジションに選手がいない場合、コンバートを行うことが出来ます
 その際、コンバート選手は元の全てのポジションの守備を失うこととなります
 その効果はペナント終了時まで続き、翌年には戻ります
 コンバート選手の守備能力は、二塁、遊撃はCで、それ以外はDとさせていただきます

 投手の場合は事情が異なり、順番は固定されています
 スタミナなどを参考にして設定して下さい
 上から順番に【エース 先発 先発 先発 先発 先中 中継 中継 中継 中継 抑え 抑え】となっています
 抑え投手が2人いますが、12番目がストッパーで11番目がセットアッパーです

―――――――――――――――――――――――――――――――――

・監督の思考について
 選手のオーダー以上に大事な設定が監督の思考です
 ここでは各項目の説明と設定方法を説明したいと思います

1.監督名
 お好きな名前でどうぞ
 1年毎に変更してもかまいません

2.タイプ
 -2~+2で表すことができます
 +2に設定すると攻撃的な打順を組み、-2に設定すると守備を重視した采配を揮う傾向があります
 0に設定した場合、バランスよく組もうとします
 +1か-1の場合は、やや攻撃、やや守備よりにといった具合です
 守備力などがわからない今回は、守備よりにするほうがいいかもしれません

3.投手交代
 -2~+2で表すことができます
 -2に設定すると先発投手をなるべく完投させようとし、+2に設定すると先発投手を早めに見切って継投策 でかわそうとします
 0に設定した場合、先発投手の調子がよければそのまま完投させる、といった具合でしょうか
 -1か+1といった、やや完投狙い、やや継投が多いといった調整もできます
 先発予定の選手によって変更するのもアリだと思います(ダルビッシュ投手なら+2にしよう、など)

4.選手起用
 -2~+2で表すことができます
 -2に設定すると実績を重視し、+2に設定すると打撃指数を重視します
 -1,0,+1といった設定もできます

5.打順の組替え
 -2~+2で表すことができます
 -2に設定するとあまりオーダーをあまり変更しませんが、+2に設定すると日替わり打線、みたいなことに なります
 -1,0,+1といった設定もできます
 連勝している場合でもどんどん打線を入れ替えるのか、連敗している場合に我慢するのか、見切りをつけ るのかといった具合に作用される項目です
 なかなかわかりづらく、効果も実感し難い項目です

6.バント策
 -2~+2で表すことができます
 -2に設定するとあまりバントを用いませんし、+2に設定すると高校野球のような攻撃になります
 -1,0,+1といった設定もできます

7.エンドラン策
 -2~+2で表すことができます
 バントと同じで-2に設定するとエンドランをあまり用いませんし、+2に設定するとエンドランを多用する 采配をします
 -1,0,+1といった設定もできます
 巧打に自信がある場合、高めに設定すれば良いかもしれません

8.盗塁策
 -2~+2で表すことができます
 バントやエンドランと同じで、-2に設定すると盗塁をあまり用いませんし、+2に設定すると盗塁を多用す る采配をします
 -1,0,+1といった設定もできます
 走力に自信がある場合、高めに設定すれば良いかもしれません

9.エースの信頼度
 -2~+2で表すことができます
 投手交代の設定と少々関係します
 オーダーで一番上に設定した投手がチームのエースとなります
 -2で信頼度が低く、+2で信頼度が高いです
 例として、継投策をやや用いる+1設定などにした場合でも、エースの信頼度は+2と最高に信頼した場合エースは多少のことでは交代されることがありません
 しかし2番手以降の投手は継投策で早め交代が多いようです

10.抑えの信頼度
 -2~+2で表すことができます
 マイナス数値であまり信頼されておらず、プラスになればなるほど信頼されます
 しかしこのゲームは昔のゲームのため、あまりプラスにしすぎると2,3イニング登板させたりします
 逆に低すぎる場合、中継ぎの調子が良いとそのまま投げさせたりします
 ですので、極端に設定するのはおすすめできません

 他に質問がある場合は掲示板などご利用下さい
続きを読む

お知らせ

  • 現在の状況

    2016年08月07日 01:40:52 - Blue_Tasu


    第5回遥かなるドラフトリーグ 開催中
    参加者を募集は終了です

残りの0件を表示

生放送のお知らせ

最近行われた生放送

  • 最近の生放送履歴はありません。

予約スケジュール

  • 生放送の予約はありません
生放送履歴を見る

コミュニティ動画

0件 / 10000件
  • コミュニティ動画はありません
    コミュニティをフォローして動画を投稿しましょう!

コミュニティ動画の確認・編集

コミュニティフォロワー

131人
コミュニティフォロワーの確認

ブログパーツ

ブログパーツ iframe

ブログパーツ リンク

ブログパーツ 生放送をお知らせ