ニコニコミュニティ

ニコニコミュニティ

吉田拓郎

オーナー どろり濃厚ピーチ
開設日 2012年02月04日
登録タグ
コミュニティの設定を表示 ▼
レベル
1
フォロワー
4 (最大:5人)

プレミアム会員があと1人でレベル2

コミュニティプロフィール

吉田拓郎さんの歌がとても良かったのでコミュ作りました☆

別名 よしだたくろう、入江剣
出生 1946年4月5日(65歳)

・日本のシンガーソングライターの草分け的存在であり、マイナーな存在だったフォークとロックを一気に日本の音楽シーンのメインストリームに引き上げた人物。

・大規模ワンマン野外コンサート、ラジオの活性化、コンサートツアー、プロデューサー、レコード会社設立など、さまざまな新しい道を開拓したパイオニアとして日本ポピュラーミュージック史における最重要人物の一人である。 「日経エンタテインメント!」は、2000年2月号の特集「J-POPの歴史をつくった100人」の中で、吉田拓郎こそが、自身の音楽がポピュラリティーを得るために戦った“J-POPの開祖”と論じている。

・拓郎が出てきてギターの売れ行きが爆発的に伸び、ダンガリーのシャツ、ジーパンもよく売れた。拓郎以前は外国人ミュージシャンのコピーをする人が多かったが、拓郎が出てきてからは拓郎をコピーする若者が増えた。

・桑田佳祐は著書の中で『拓郎を聴いて「これなら曲が作れる」と思った』と述べている。桑田や長渕剛、氷室京介ら、多くの後進に音楽の道を志すきっかけを与えたのも大きな功績。

・現在は定着している"シンガー・ソングライター"という言葉は、拓郎の登場から言われはじめたいい方でそれまでは、あえていえば"自作自演"といういい方をしていた。

・山本コウタローは、拓郎以前のフォークシンガーは、岡林にしてもわりときれいな声で、拓郎のような怒鳴り調、太い声で歌うシンガーはあまりいなかったと述べている。  さらにその声だけでなくビートの強さ、リズムの良さ、その上歌詞も素晴らしい、一方で「イメージの詩」を歌いながら「マークⅡ」のようなポップな曲も歌える幅の広さが衝撃的だったと話している。  また自分の歌、メッセージ、スタイルを人にどう伝えられるか、どう守るかといった"自己プロデュース能力"が早くから秀でていたと、今になると思うと話している。

・紅白歌合戦の場合も、NHKは拓郎に相当アプローチしたが最終的に拒否され以降、ニューミュージック系の歌は紅白では聴くことが出来ないという常識が定着したものだった。

・「テレビ出演拒否」「マスコミ取材拒否」「人気絶頂期の結婚」など、拓郎は多くのそれまでのタブーを破り、フォークにポリシーを持たせることで、歌謡曲とは違うという鮮烈なイメージを持たせ若者の心をとらえた。  "芸能界"とは別のところで"流行歌"が存在できることを証明したのである。

・小室哲哉は拓郎について、「フォーク、フォークといわれながらメディアに対しての姿勢とかにロックを感じた」 「歌謡曲への影響力の在り方は日本にもこういうことが有り得るんだ、と目標というか光が見えた気がした」「やっぱり憧れてたし少なからず影響は受けてると思う」等と話している。

・つんくは2003年、ソニンに「合コン後のファミレスにて」という拓郎のパロディのようなシングル曲を書いているが、つんく自身は長渕剛を尊敬していると話している。
続きを読む

運営からのお知らせ

コミュニティ動画

{{videoList.total}}件 / {{videoList.max}}件
  • 読み込み中...
  • コミュニティ動画の読み込みに失敗しました。
  • クローズコミュニティの動画はフォローしないと見れません。
  • コミュニティ動画はありません。

コミュニティ動画の確認・編集

コミュニティフォロワー

4人
コミュニティフォロワーの確認

ブログパーツ

ブログパーツ iframe

ブログパーツ リンク

ブログパーツ 生放送をお知らせ