ニコニコミュニティ

ひたすらブリタニカ百科事典を眺める会

オーナー 猫田猫八
開設日 2012年08月20日
登録タグ
コミュニティの設定を表示 ▼
レベル
2
フォロワー
5 (最大:20人)

プレミアム会員があと2人でレベル3

LIVE

{{live_on_air.basic.title}}

視聴する

コミュニティプロフィール

ブリタニカ百貨事典とは・・・1768年からエディンバラでアンドルー・ベル、コリン・マックファーカー、ウィリアム・スメリが共同で100分冊を週刊で発行したのが始まりである。これは、イギリスの教養を要求するブルジョワジーに受け入れられて成功し、完成後の1771年に3巻にまとめて初版とした。大項目主義をとり、一流学者の44論文と単行本からの抜粋で構成された。 第10版は丸善とのタイアップで日本にも輸入され、大英百科全書として紹介された。1902年[1]発売記念価格として通常の半額[注釈 1]での販売、書籍では初めてとなる月賦での分割払い(通常価格になってからは一括払いのみ)、そして新聞の一面広告などのキャンペーンを行った。1906年にも、増補版の出版を機に同様のキャンペーンを行っている。伊藤博文、後藤新平、新渡戸稲造、徳富健次郎、犬養毅など各界の著名人が買い求め、広告でもそれを誇示していた。 1897年にアメリカ人のホレース・エバレット・フーパーが版権を入手し、第9版以降を刊行。1928年から版行権はシアーズ・ローバック社に移り第11版が刊行された。第14版で大規模な改稿を終わり、1936年以降は必要部分を改稿する形をとった。1938年からは旧版所有者を対象にして年鑑を発行した。 1941年、シアーズ・ローバック社からシカゴ大学に版権が寄贈され、ウィリアム・ベントン基金の元で刊行が続けられたが、1996年1月にスイスの実業家ヤコブ・サフラが版権を買収している。 第15版は全面改稿される形で1974年に発行された。この版は、日本で翻訳され、項目の追加・改訂を行った後、「ブリタニカ国際大百科事典」として日本で発売された。原典はその後の83年に改訂されている。 現在は第15版(全32巻)が市販されている。CD-ROMやDVD-ROMの形でも販売されている。 しかし2003年以降、冊子形式の日本語版の発行はされていない。 1999年10月19日から、オンラインによる全文検索サービス『ブリタニカ・ドットコム』を開始。当初無料であったためアクセスが殺到しサーバがダウンした。2001年から年間50ドルの使用料が必要となっている。 2006年6月1日からは大学や図書館向けに『ブリタニカ国際大百科事典』オンラインデータベースサービス「Encyclopædia Britannica Online Japan」(BOLJ)を開始した。 2009年1月23日に、『ブリタニカ・ドットコム』の修正案を利用者が提示できるようにするとした。ウィキペディアとは違い修正案は、編集者のチェックを受け反映されることになっている。匿名ではなく寄稿者リストに名前が載ることになるため、修正案の提出には本名(フルネーム)と、連絡用メールアドレスが必要となっている[2]。 2012年3月、現行の2010年度版をもって244年続いた印刷版の発行に幕を下ろすことが発表された。 今後は電子版のみの発行となる。 続きを読む

運営からのお知らせ

生放送のお知らせ

  • 読み込み中...
  • 生放送情報が取得できませんでした。

最近行われた生放送

  • 最近の生放送一覧はありません。

予約スケジュール

  • 生放送の予約はありません
生放送一覧を見る

コミュニティ動画

{{videoList.total}}件 / {{videoList.max}}件
  • 読み込み中...
  • コミュニティ動画の読み込みに失敗しました。
  • クローズコミュニティの動画はフォローしないと見れません。
  • コミュニティ動画はありません。

コミュニティ動画の確認・編集

コミュニティフォロワー

5人
コミュニティフォロワーの確認

ブログパーツ

ブログパーツ iframe

ブログパーツ リンク

ブログパーツ 生放送をお知らせ