ニコニコミュニティ

コミュニティ検索

  • レベル
    3
    フォロワー
    8
    動画
    0
  • レベル
    18
    フォロワー
    359
    動画
    0
    セネカのゲーム放送(雑談)
    2017年12月03日 15:09 更新
    H29.12.3 セネカ鯖の簡単なルールについて 1) 皆で仲良く遊びましょう! あらしはだめよ!w 2) 拠点地下のチェストの中身は使う分だけ自由に持ち出しOK!   余ったり、余剰があったら収納お願いします。 3) 他の人が造った物やチェストなどを触る時はご本人に声をかけてから 4) 拠点に土地を分譲しますので自宅を作ってみてね (詳細は拠点立札 5) ご自分だけの広めの土地を探して開拓してみてね。コマブロで拠点とつなぎます 6) ワールドは最大マップ7×7の大きさで、端っこはバリアになってます H28.10.15、マイクラとWIZONのコミュを統合します。 マイクラ放送で御馴染みの方はこれまで通り宜しくお願いします。 WIZON放送に来て頂いていた皆さんはこちらへ移動願います。 タイトルもゲーム放送(雑談)に変えます。 以下はこのコミュがマイクラ放送主体だった時代のものです 一人でほそぼそ始めた鯖ですがいつの間にか大所帯に! 仲間が一緒だと冒険も探索も楽しいです! ただ、長いことやっている人には参考になりません!w  どうぞ生暖かい眼差しで見守ってやって下さいまし。 ◆マルチサーバーへの参加について 放送してるマップはRealms鯖です。シングル、マルチの下にある3つ目のボタンです。 H27.10現在、25名に招待状を出していて、混雑時にはログイン順番待ちになってます。 本来なら千客万来の心積りですが、同時接続が10人迄でやむなく募集を停止しています。 コテハン付でまめに視聴して下さる方を優先に、少しずつ参加してもらう予定です。 ◆参加条件について パソコン版で、最新バージョンにされているのが機械的な条件です。 特別な技量などなくとも、まめにログインして楽しく遊べる方ならOK。 地表探索をしている方等がチャットで「z」と合図をされたら、寝るかログアウトを。 荒らし行為をしたり、他の人に迷惑をかける人は招待を取り消します。 ◆セネカワールドについて 初期スポーンポイントは砂漠バイオームで、魅力的なマップとなっています。 周辺に牛、羊、鶏がいて、半マップ内に草原、メサ、海洋等のバイオームがあります。 交易品の優れた村や複数のピラミッド、海岸から近い海底神殿などもあります。 根拠地からネザーゲートをくぐるとすぐ近くに要塞もあります。 シード値: -2826988997126479022 ◆世界観について わたくしはセネカと申します。哲学者で劇作家で、ローマの元老院議員です(キリッ このたび皇帝からガッリア遠征を命じられ、ゾンビやクリーパーといった敵が跋扈する 辺境の地を開拓しにこの地へ赴任しました。参加者の皆さんはローマの臣民です タワーを建てながら辺境を進み、田畑を開き、牧畜をなし、敵を征圧しながら版図を広げます。 ◆リソースパックについて 臣民となった皆さん、「SPQR」のリソースパックをご利用下さい。 セネカワールドの世界観に合わせて随所に飾られている絵画です。 画像のデータ化は臣民 死竜さんが手がけて下さいました。 https://www.dropbox.com/s/nzk5363ckspfe7r/SPQR.zip?dl=0 (ゲームへの画像の取り込み方) 上記URLからDL → ゲーム画面からesc → 設定 → リソースパック フォルダを開く → 開いた窓に「SPQR」をZIPのままドラッグ&ドロップ 完了 → リソースパック →「SPQR」フォルダ上の△マークで右枠へ移動 → 完了 → 完了 ◇神聖ローマ帝国旗 (黄色の地に双頭の鷲) 臣民 千乃白(ちのしろ)さんが描いてくれた神聖ローマ帝国の旗です。 神聖ローマ帝国は、西暦800年のカール大帝の戴冠から19世紀初頭の ナポレオン侵攻によるフランツ2世退位まで、様々な栄枯を連ねました。 旗の図案に変遷があり、小セネカの時代とも被っていませんが、おゆるしを。 ◇SPQR旗  ラテン語で「元老院とローマ市民」を表す頭文字で、ローマの公共物に掲示されました。 旗の起源は共和制時代のものですが、帝政時代にも使われ、今なお地中海各地に残っています。 こちらの画像はフリー素材から拝借しました。竿と房がついているので行軍用かな?
  • レベル
    35
    フォロワー
    2,152
    動画
    11
    まりあんぬ
    2012年10月29日 13:12 更新
    ニコ生初!! わっしょーい(o´罒`o)♡ もぐもぐ団にようこそ♫ ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹ メールはこちらに:mariannu0820@yahoo.co.jp BSPの方達さん 横山緑さんco602157 ミラーの方達さん まるはにさん co1024655 金曜、土曜、お手伝いしてるお店 NAYON お手伝いしている時間帯は夜12時頃から! 葛飾区亀有3-3 03-3838-5853 最近はあまりお手伝いに 行けてないですが。。。 緑さんが来てくれました^^ 放送外でも私が居るので、リア凸待ってます PCがないと不便;; マリアンヌ(Marianne)は、フランス共和国を象徴する女性像、もしくはフランス共和 国の擬人化されたイメージである。自由の女神として知られる。 フランス革命の際にサン・キュロットの象徴とされたフリジア帽と呼ばれる帽子をかぶっ ている。フランスのユーロ硬貨・切手・国璽などに描かれたり、庁舎などの公的施設にそ の彫像が設置されるなどして、共和制及び自由の象徴として国民に親しまれている。
  • レベル
    18
    フォロワー
    297
    動画
    28
    某Fラン大学にて日本史(幕末)を学ばせていただいたものです。まじめ系話題が好きです。現代と近世をバイバスしてより良い日本にしたいと考えている社会人です。 『耳障りの良い言説は甘やかしでしかない。そんなもの人間を堕落させるだけだ。ラディカルな発言も人間を救う。』という信念から放送をしたいと考えております。 『現実主義的なことは政府や官僚、有識者がやれば良い。僕らみたいな国家運営とは関係ない人間は根本について疑い、正論を吐こうぜ!』というわけで放送では呉智英的観点からラディカルな正論を吐き続けたいです。 【skype ID】yama-tanooroti 【メルアド】yamatanooroti0117@livedoor.com 【twitter】http://twitter.com/yama0117 【ブログ】http://bit.ly/hYT0l1 こちらでは真面目に色々書いていく予定 【ブクログ本棚】http://booklog.jp/users/yama0117 【読書論文】 千坂恭二著『エルンスト・ユンガーの体験~鋼鉄の嵐とその言葉~』 田中敏明著『ハイデッガーと現代ニヒリズム~エルンスト・ユンガーとの対決~』 伊藤洋典著『ハンナ・アーレントにおける「共和国」創設の思想:「日常」と「英雄主義」の間』 エルンスト・ユンガー著『労働者(抄訳)』川合全弘訳 大泉大著『文学と生~エルンスト・ユンガーの小説「シュトゥルム」について~』『血と塹壕~エルンスト・ユンガー「内的体験としての戦闘」における主体について~』 井田輝敏著『権藤成卿の思想構造』 福元圭太著『エロスの軌跡(6)~「考察」から「共和国論」へ:ノヴァーリスとトマス・マン~』 青地伯水著『ホフマイスタールと保守革命の時代』『グリルパルツァーの保守革命とナポレオン~オットカー~とルドルフ一世をめぐって』『多様な保守革命像「ドイツ保守革命-ホフマンスタールトーマス・マンハイデッガーゾンバルトの場合」の序文にかえて』 佐藤瑠威著『カール・レービットと戦後日本の「近代主義」~近代の超克をめぐって~』『カール・レービットの批判精神』『カール・レービットと丸山真男(1)(2)』 深井智朗著『カール・レービットと「歴史の神学」』 石川捷治著『ドイツ共産主義運動の《個性》~コミュニズムと「国民的伝統」へのアプローチ~』 阿内正弘著『トーマス・マンとワイマール共和国』 中重芳実著『ワイマール期における諸政党の消長とナチズム~ハミルトン説・チルダール説の検討を中心として~』 大獄卓弘著『ワイマール共和国における人民保守派(Ⅰ)(Ⅱ)~新保守主義の一思考~』 山崎充彦著『ドイツにおける議会制批判論議の一側面~メラー・フォン・デン・ブルッグの「第三帝国」をめぐって』 小山登著『マルクス主義の形成におけるフランス社会主義の位置~ブランキとマルクス主義~』 鈴木雅雄著『星々は夢を見ない~ブランキに関する覚書~』 林敬著『エルンスト・トラーとバイエルン革命』 石橋凱治著『ワイマール共和制期の統一戦線運動~成立条件に関する一試論~』 安世舟著『ワイマール共和国の政治制度設計~半大統領の創設とその今日的意義~』 権左武志著『ワイマール期カール・シュミットの政治思想:近代理解の変遷をを中心として』 岡田憲治著『現代民主主義理論における「平等」と「コントロール」~R・Aダールにおける「政治の擁護」~』 多田真鍬著『反近代思想の史的展開~ヨーロッパと日本~』 小貫幸治著『憲法思想にとっての神と国家』 中道寿一著『ワイマール期におけるカール・シュミットの政治理論について』 横山隆作著『19世紀末イタリアのアナーキズム』 岸本広司著『保守と改革~エドマンド・バーグの政治思想~(上)(下)』 別府芳雄著『青年ヘーゲル派とマルクス(Ⅰ)』『青年ヘーゲル派とマルクス(Ⅱ)~ブルーノ・バウアー~』『青年ヘーゲル派とマルクス(Ⅲ)~フォイエルバッハ~』『青年ヘーゲル派とマルクス(Ⅳ)~モーゼス・ヘス~』『青年ヘーゲル派とマルクス(Ⅴ)~マックス・シュティルナー~』『青年ヘーゲル派とマルクス(Ⅵ)~若きエンゲルス~』 菊池良夫著『顔のない鏡~「招かれた女」における他者~』 気多雅子著『「自己」の行方』 箱石匡行著『神の死と人間の運命~サルトル哲学における論理の問題~』 土居真俊著『パウル・ティーリッヒの実存主義(Ⅰ)(Ⅱ)』 小川圭二著『三木清とセーレン・キルケゴール~実存主義の受容をめぐって~』 石原俊時著『もう一つの国民の家(上)(中)(下)』 稲垣 正巳著『唯一者について ~サドとシュティルナー~』 村井久二著『マルクスにおける Gattungswesen 概念の使用停止と,それに対するマックス・シュティルナ-の影響(解説と翻訳)』 富沢賢治『エゴイズムのイデオロギー的特質(一) エゴイズムの論理』 同上『エゴイズムのイデオロギー的特質(二) シュティルナァのエゴイズムとフォイエルバッハのヒューマニズム』 安田忠朗著『「個」を超える論理 シュティルナーの唯一者とフォイエルバッハの愛・類生活』 青木健著『マルクスにおける認識論的切断の契機 シュティルナーの唯一者を中心に』 住吉雅美著『マックス・シュティルナーの近代合理主義批判(1)~(10)』 これ以上書き込めないようなので、場所は未定ですが「読んだ論文」は他所にて書いていきたいと思います。論文が溜まって大変ですw 【ほしい物リスト(お金に余裕がある方ください)】 http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/1XI86CM08V42F/ref=cm_sw_r_tw_ws_P7sQob1H95FR7 【ぷちカンパ】https://service.webmoney.jp/wtw/6633878 初放送 2009/06/16 開演:20:41